comimo!

ピッコマ漫画のネタバレあらすじと感想をご紹介しています。

カテゴリ:ピッコマ > 悪役のエンディングは死のみ

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

何がなんでも生き残るため知っている情報をまとめていたペネロペ。
そこに髭を生やしたメガネの男性が許可も得ずに入室してきます。
一体だれなの?

前回のあらすじはこちら。


『悪役のエンディングは死のみ 第6話』のあらすじ・ネタバレ

「許しも得ずに勝手にドアを開けるなんて失礼だわ」
ペネロペは何か言おうとしますがこの世界では選択肢以外の行動をとることができません。
先にこの選択肢をなんとかしないとと考えた時、ある考えが浮かびました。
ひとまず「わかったわ」の選択肢を選んで公爵に会いにいくことにしました。

転生前の父に無視されていた過去を思い出しながら廊下を進みます。
すれ違ったメイドたちがヒソヒソと影口を叩いています。でもペネロペは過去にもあったことだと気にしないことにします。

公爵の部屋に着くとすぐに入室を許されました。
威厳のある姿で机に向かう姿は転生前の父を思い出して少し緊張します。
ペネロペは選択肢から「お呼びでしょうか」を選択してぺこりをお辞儀をしました。

「今朝騒ぎがあったと聞いた」

ペネロペを見ることもせずに言われ、ペネロペは選択肢を眺めます。
どの選択肢もひどいのでなんと返すか迷っていると、公爵は顔を上げてペネロペを睨みつけました。

ここだけ乗り越えよう・・・と怯えながら「お構いなく」と答えるペネロペ。

「お前がここにきてもう6年だ」

公爵の言葉に、正しい選択をしたとほっと胸を撫で下ろします。
公爵は今まで支援も惜しまず贅沢にも目を瞑ってきたのに今までエルカトのために何をしてきたのか?と問いかけます。

説教を聞きながらペネロペはもう少し…と待ち続けます。
そして待ちに待った

(土下座)申し訳ありません

の選択肢が現れました!
ペネロペはこの選択肢が現れることを待っていたのです。

ペネロペはその場に膝をつき謝罪します。

「申し訳ありません、お父様」

「お父様…だと?」
驚いている公爵の横にピロンとメッセージが現れました。

隠しクエスト達成!
「失われた父の名」


さらに「選択肢をOFFにする」というシステム設定が現れたのでした。

『悪役のエンディングは死のみ 第6話』の感想

なんと。隠しクエストなんていうものがある乙女ゲームだったんですね。
公爵を「お父様」と呼んだことでクエスト達成するっていうことは、今後公爵がデレる展開もあるのか!?なんて思ってワクワクが止まりません。
冷たかった父親がデレるエピソードが大好きなんです。

それにしても失礼な使用人たちがペネロペに敬意を払う日が早くきて欲しい!
見てるだけで悔しいです。


次のエピソードはこちら。


ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

『悪役のエンディングは死のみ 第5話』のあらすじ・ネタバレ

死を回避するべく、知っている情報をまとめることにしたペネロペ。

はペネロペに無関心で軽蔑している公爵家の長男デリックと、ペネロペを目の敵にしているレオナルドはノーマルモードでは攻略しやすい二人。兄弟なので仲良しになれば攻略完了。
でも血が繋がっていないペネロペとは違う展開があるかもしれないけど・・でもダメ!とばつ印をつけるペネロペ。

次は皇太子のカリスと・レグルス。ノーマルモードではペネロペに鉄槌を下すがハードモードでは死神のごとくペネロペを殺しまくるのだ。
絶対に近寄っちゃダメ、と名前を消す。

次は魔術師のヴィンター。ノーマルモードでは名声を上げるために協力してくれた紳士だったけど、ハードモードでは皇太子や兄弟に殺されまくっていたのでいまいち情報がないのよね、と「?」マークをつけておく。

そしてイクリス。
某国の貴族出身の奴隷で騎士見習いとして公爵家に入る。

彼は一番期待できる人物だ!

最後までペネロペに同情していた唯一の人物なのだ。

確かなのは2つだけ。
キャラの好感度をマイナスに落としてはいけない。
そしてペネロペの成人式までにエンディングを迎えなければいけない。
成人式はゲームの主人公が帰ってくる日なのだ。

誰かしらを攻略しないと死ぬ──

絶対に生き延びてみせる──
ペネロペが決意を固めていると、部屋のドアをノックして男性の使用人が入ってきた。

許しもなく入室してきた眼鏡をかけた初老の男性は一体だれ?

『悪役のエンディングは死のみ 第5話』の感想

今回はゲームのルール説明と人物紹介の回でした。
既に登場している兄弟は顔が見えているけれど、そのほかの登場人物は顔が黒くなっていて登場するのが楽しみ!

とにかく「皇帝にすぐ殺されるから全然先に進まなかった」みたいで、兄弟以外の情報がほとんどないんですよね。皇帝がどんなやつなのか非常に気になります。

まだまだ序の口なので今後の展開が楽しみですね!


次のエピソードはこちら。


ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

ある日目を覚ますとプレイしていた乙女ゲームの中の悪役令嬢「ペネロペ」になっていた主人公。
メイドはペネロペに針を刺して意地悪な顔で笑っている。
文句を言おうとしても声が出ない!
ゲームの選択肢がないと自由に発言も行動もできないのだ。

冷たい水で顔を洗い食卓に着くと並んでいたのは腐ったゴミ。
文句を言おうと顔を上げた時、きらりと選択肢が現れた───。

『悪役のエンディングは死のみ 第3話』のあらすじ・ネタバレ

宙に浮かぶ3つの選択肢。
ペネロペは過去に2回も間違えてゲームオーバーになったシーンだと思い出します。

今 私はゲームの世界にいるんだ

改めて覚悟を決めるペネロペ。選んだ選択肢は「食べる」でした。

すると、体が勝手に動いて腐った食事を口に運びます。
それを見て驚くメイド。
吐き気に耐えながら腐った食事を食べ続けていると

「何してるんだ?」

と兄のレオナルドがやってきました。

ペネロペは前世でいじめられていたことを思い出して悲しい気持ちになります。
意地悪な兄たちのせいでお腹を空かせていた日々──。

もうあんな経験はたくさん。なのに、ゲームの中でまで…。

うめきながら食事を食べるペネロペに違和感を覚えたレオナルドが近づいてきます。
そして腐った食事に気付き驚きます。

「コイツに何を食わしてんだ?」

睨みつけられたメイドは必死に言い訳をしますが、人を呼んで連れ出してしまいました。
レオナルドは「お前大丈夫か?」と心配そうに声をかけます。
「いつもみたいにひっくり返して暴れたらいいのに」というレオナルドに「そんなことしたらあんたに殺されるっつーの」と渋い顔をするペネロペ。

レオナルドのおかげで一件落着したけれど、メイドにこんな権限があるわけがない。
公爵家の連中が許ししたからだ。とペネロペは考えます。

「医者を呼ぼうか?」というレオナルドに、選択肢から「放っといて」を選んだペネロペ。

ペネロペは死を回避できるのでしょうか───

「『悪役のエンディングは死のみ 第3話』の感想

さっそく攻略対象のお兄様レオナルドが動き始めましたね!

メイドの嫌がらせは「針で刺す」「腐ったものを食べさせる」というリアルにありそうで地味に嫌なやつ。ニヤニヤして様子を見ている姿もすごい腹立つ!

まだ周りは全員敵!という状態なので今後どう展開していくかわからないですが、レオナルドが最初に懐柔されるのでしょうか。
ペネロペにいい印象を持ってはいないはずなんですが、意地悪は許さないということは嫌っている理由が何かあるのかな。

それにしても嫌っているはずのペネロペのところに、一体何しにきたんでしょう。

嫌がらせを受けていることに気づいたレオナルドは今後どう動くのかな?


次のエピソードはこちら。
ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

↑このページのトップヘ