comimo!

ピッコマ漫画のネタバレあらすじと感想をご紹介しています。

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

前回のあらすじはこちら。


『悪役のエンディングは死のみ 第8話』のあらすじ・ネタバレ

「今回だけ大目に見てやろう」

そういうデリックにペネロペはイラッとします。
もう帰ろうと踵を返すと朝から何も食べていないせいか体がフラついてしまいます。
咄嗟に支えるデリック。

「腐ったものを食べたと聞いた。医者を呼ぶか?」

そんな言葉をかけられますが、知っていて全ての責任を自分に押し付けようとしたのかと腹を立てるペネロペ。

「いいえ、小公爵様」

そういって手を振り払い立ち去ると、デリックは「小公爵か」と小さくつぶやきます。その呼び名に思うところがあるようです。デリックの好感度はなぜか5%にアップしているのでした。

部屋に戻ったペネロペはまだ生きていることを喜びます。
デリックは兄と呼ぶと好感度が下がるから、決して呼ばないように気をつけようと考えていると眠気がやってペネロペは眠ってしまいました。

そして子供の頃、イヴォンのネックレスの盗難の疑いをかけられた夢を見始めました。
公爵と二人の兄に「お前が盗んだんだろう」と責め立てられ、私じゃないという訴えは聞いてもらえません。
使用人たちもペネロペに不利になる証言ばかりして誰も信じてくれません。
公爵はペネロペに罰は与えませんでしたが宝石商を呼ぶように執事に伝えます。そして目も合わさず立ち去ってしまいます。
二人の兄も「いなくなってしまえ」「恥を知れ」と罵ってその場を後にします。

ペネロペの贅沢はその日から始まったのでした。

そして、その日から公爵を「お父様」と呼ばなくなったのでした。

『悪役のエンディングは死のみ 第8話』の感想

8話はペネロペが悪女になっていったきっかけのエピソードでした。
ただでさえメイドにいじめられ孤立していたのに、盗みの濡れ衣まで着せられて心が壊れた瞬間です。

一切話を聞かない父が罰も与えずに金だけ出すという対応がペネロペが人間不信になった一番のきっかけなんでしょうね。まだ6歳くらいだと思うからすごくかわいそう。

誰がどういうつもりでペネロペに罪を着せたのかわからないけど…
デリックは品行方正な潔癖タイプかな?と思っていたけどメイドが嫌がらせするのを黙認していたりでちょっとまだ読めませんね。

でもちょこっと好感度が上がったのでよかったです。
デレなくてもいいからもう少し優しくしてやってくれ〜!と思います。


次のエピソードはこちら。



ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

何がなんでも生き残るため知っている情報をまとめていたペネロペ。
そこに髭を生やしたメガネの男性が許可も得ずに入室してきます。
一体だれなの?

前回のあらすじはこちら。


『悪役のエンディングは死のみ 第6話』のあらすじ・ネタバレ

「許しも得ずに勝手にドアを開けるなんて失礼だわ」
ペネロペは何か言おうとしますがこの世界では選択肢以外の行動をとることができません。
先にこの選択肢をなんとかしないとと考えた時、ある考えが浮かびました。
ひとまず「わかったわ」の選択肢を選んで公爵に会いにいくことにしました。

転生前の父に無視されていた過去を思い出しながら廊下を進みます。
すれ違ったメイドたちがヒソヒソと影口を叩いています。でもペネロペは過去にもあったことだと気にしないことにします。

公爵の部屋に着くとすぐに入室を許されました。
威厳のある姿で机に向かう姿は転生前の父を思い出して少し緊張します。
ペネロペは選択肢から「お呼びでしょうか」を選択してぺこりをお辞儀をしました。

「今朝騒ぎがあったと聞いた」

ペネロペを見ることもせずに言われ、ペネロペは選択肢を眺めます。
どの選択肢もひどいのでなんと返すか迷っていると、公爵は顔を上げてペネロペを睨みつけました。

ここだけ乗り越えよう・・・と怯えながら「お構いなく」と答えるペネロペ。

「お前がここにきてもう6年だ」

公爵の言葉に、正しい選択をしたとほっと胸を撫で下ろします。
公爵は今まで支援も惜しまず贅沢にも目を瞑ってきたのに今までエルカトのために何をしてきたのか?と問いかけます。

説教を聞きながらペネロペはもう少し…と待ち続けます。
そして待ちに待った

(土下座)申し訳ありません

の選択肢が現れました!
ペネロペはこの選択肢が現れることを待っていたのです。

ペネロペはその場に膝をつき謝罪します。

「申し訳ありません、お父様」

「お父様…だと?」
驚いている公爵の横にピロンとメッセージが現れました。

隠しクエスト達成!
「失われた父の名」


さらに「選択肢をOFFにする」というシステム設定が現れたのでした。

『悪役のエンディングは死のみ 第6話』の感想

なんと。隠しクエストなんていうものがある乙女ゲームだったんですね。
公爵を「お父様」と呼んだことでクエスト達成するっていうことは、今後公爵がデレる展開もあるのか!?なんて思ってワクワクが止まりません。
冷たかった父親がデレるエピソードが大好きなんです。

それにしても失礼な使用人たちがペネロペに敬意を払う日が早くきて欲しい!
見てるだけで悔しいです。


次のエピソードはこちら。


ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

『悪役のエンディングは死のみ 第5話』のあらすじ・ネタバレ

死を回避するべく、知っている情報をまとめることにしたペネロペ。

はペネロペに無関心で軽蔑している公爵家の長男デリックと、ペネロペを目の敵にしているレオナルドはノーマルモードでは攻略しやすい二人。兄弟なので仲良しになれば攻略完了。
でも血が繋がっていないペネロペとは違う展開があるかもしれないけど・・でもダメ!とばつ印をつけるペネロペ。

次は皇太子のカリスと・レグルス。ノーマルモードではペネロペに鉄槌を下すがハードモードでは死神のごとくペネロペを殺しまくるのだ。
絶対に近寄っちゃダメ、と名前を消す。

次は魔術師のヴィンター。ノーマルモードでは名声を上げるために協力してくれた紳士だったけど、ハードモードでは皇太子や兄弟に殺されまくっていたのでいまいち情報がないのよね、と「?」マークをつけておく。

そしてイクリス。
某国の貴族出身の奴隷で騎士見習いとして公爵家に入る。

彼は一番期待できる人物だ!

最後までペネロペに同情していた唯一の人物なのだ。

確かなのは2つだけ。
キャラの好感度をマイナスに落としてはいけない。
そしてペネロペの成人式までにエンディングを迎えなければいけない。
成人式はゲームの主人公が帰ってくる日なのだ。

誰かしらを攻略しないと死ぬ──

絶対に生き延びてみせる──
ペネロペが決意を固めていると、部屋のドアをノックして男性の使用人が入ってきた。

許しもなく入室してきた眼鏡をかけた初老の男性は一体だれ?

『悪役のエンディングは死のみ 第5話』の感想

今回はゲームのルール説明と人物紹介の回でした。
既に登場している兄弟は顔が見えているけれど、そのほかの登場人物は顔が黒くなっていて登場するのが楽しみ!

とにかく「皇帝にすぐ殺されるから全然先に進まなかった」みたいで、兄弟以外の情報がほとんどないんですよね。皇帝がどんなやつなのか非常に気になります。

まだまだ序の口なので今後の展開が楽しみですね!


次のエピソードはこちら。


ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

↑このページのトップヘ