comimo!

ピッコマ漫画のネタバレあらすじと感想をご紹介しています。

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

前回のあらすじはこちら。



第二皇子の誕生日パーティーに登場したカリスト
その姿は血まみれで周囲から悲鳴が上がります。

しかも、気を失ったボロボロの男性を片手で引きずりながら───

「誕生日おめでとう。弟よ」

『悪役のエンディングは死のみ 第14話』のあらすじ・ネタバレ

カリストは不敵な笑みを浮かべながら祝いの言葉を述べ、引きずっていた男性を乱暴に放り投げました。

「兄上!」
「なんたる非礼…!」

皇妃と第二皇子はその様子に色めき立ちますが、カリストは意に介した様子はありません。

「俺はただ弟の誕生日を祝いに来たまでです」
「お前がくる所ではない!」

皇妃は無礼な態度に怒りをあらわにします。

「何をおっしゃいますか。招待されたから急いで来たのですよ
 ですが招待状を持ってきたやつがとんだクズでして」

その言葉に、カリストに投げ捨てられた男性の足がびくりと反応します。
皇妃はその様子を見て言葉を失います。

「弟よ、人を雇うときはもっと慎重にな」

そういうとカリストは倒れた男性になんの躊躇もなく剣を突き刺しました。
あたりに悲鳴が響き渡ります。

一体どうなってるの──?

急な展開にペネロペは困惑します。

「またこんな贈り物が欲しければいつでも人をよこせばいい」

カリストはそれだけ言い残すとさっさとその場を後にしました。


こんな展開はゲームになかった、と思ったペネロペですが、ふと「ちょっとした騒ぎで─」とゲーム内に書いてあったことを思い出してゾッとしました。

どこがちょっとした騒ぎなのよ!?

なんであんなに仲が悪いんだろう?

そう思った時、ピロンと音がして《新しいエピソードが始まるよ》というシステムメッセージが表示されました。
予想を超える皇太子の恐ろしさに一瞬迷うものの、いざというときはリセットすればいいと思い直して《YES》を選択します。


場面は庭園に変わります───

さて、いっぺん死んでみますか


カリストを探して庭園内を探し回るペネロペですがなかなか見つかりません。
キラリと輝く光に導かれて噴水の前にやってくると

「どこのネズミがコソコソしてるのかと思ったんだが…」

突然、背後から剣を突きつけられていました。

「これはこれは、エルカトの狂犬じゃないか」

カリストはそう言いながらペネロペの首に剣を押し付けます。

「よほど死にたいと見える」

冷たい瞳でペネロペを見据えるカリスト。ペネロペは怯えて声が出せません。

「なぜ俺の後をつけた?」

まずい、殺される──!
ペネロペは慌ててリセットボタンを探します。けれどリセットボタンが出てきません!

「返事はなしか…家族に別れでも告げるんだな」

殺す気満々のカリストに大慌てでリセットボタンを探すペネロペ。

「遺言は俺が直々に家族に伝えてやる」

冷たい顔でニヤリと笑うカリスト

リセットボタンはどこなの!?

『悪役のエンディングは死のみ 第14話』の感想

リセットボタンが出てこない!?
まさかの展開ですね!

原作ゲームでは何度も殺されていたというカリストを相手にリセットボタンがないのは怖すぎます。
しかも、首に剣を突きつけられた状況でリセットボタンが出てこないなんて。
怖すぎる!

第二皇子は爽やかそうに見えてカリストに刺客を差し向けるとか、なかなか腹黒そうな雰囲気ですね。
皇妃はそれを知ってたのかな?

カリストは人を傷つけることに抵抗がない様子なのは分かったけれど、今のところは理不尽なことはしてないんですよね。

ゲーム的にはギャップがあるはずだから、一体どんな事情があるのかな?

そしてこの絶体絶命の状態をペネロペがどう切り抜けるか楽しみですね!


次のエピソードはこちら。



ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

前回のあらすじはこちら。



第二皇子の誕生パーティーに行くことになったペネロペ。
別々の馬車で向かうと思っていたら、ペネロペの馬車に乗り込んできたデリック。

まさか皇宮まで一緒に乗っていく気──!?

『悪役のエンディングは死のみ 第13話』のあらすじ・ネタバレ

「こ…この馬車に乗るんですか?」

馬車に乗り込んだデリックに恐る恐る問いかけるペネロペ。
デリックは「文句でもあるのか?」と不機嫌そうです。

「嫌ならお前が別の馬車に乗るんだな」

冷たいデリックに「ゲームではこんなことなかったじゃん!」と思いつつ

「嫌じゃないです…嬉しくて」

と返します。
デリックは一瞬何か言いたげでしたがすぐに顔を背けてしまいます。

「無視?そんなに嫌ならなんで?」と疑問に思ったペネロペ。
ところが、デリックの頭上に表示されている好感度が6%に上がっているのをみてまあいいかと思い直すのでした。


「到着いたしました」

馬車が皇宮してペネロペは心の中でホッと胸を撫で下ろします。

死ぬほど気まずかった…早く出ようと馬車から降りようとするペネロペ。
その前にデリックがさっと馬車の外に出て

「手を」

とペネロペに手を差し伸べます。

エスコートしようとするデリックの様子に驚くペネロペでしたが、
そういえば乗り込むときにも様子がおかしかったなと思い返します。

「何をしている」

急かすデリックに

「ありがとうございます」

と素直に礼を言ってエスコートを受けるペネロペでした。


エスコートされたままパーティーに入場する二人。
会場に入ってすぐ

「くれぐれも軽率な行動は慎むように」

といつもの冷たい口調でデリックが小言を言ってきました。
ペネロペは素直に返事をしますが、いつも通りになってしまったことを少し残念に思うのでした。


パーティーではデリックの周りに人が絶えません。
一方、評判の悪いペネロペのそばにくる者は誰もいません。

まあいいけどね、と思うものの、チラチラ見られながら一人でいるのは間が持たない!
皇太子はいつ来るの〜!?
と思っているとようやく皇妃と第二皇子が入場してきました。

会場の皆がお辞儀をし、二人の容姿を褒め称えます。
しかしペネロペは皇帝の席に座った第二皇子に違和感を覚えました。

ゲームでは、登場しない皇帝の代わりにいつも皇太子が座っていた席です。
なのになぜ皇太子が座るんだろう。

そんなことを考えている間にもパーティーは進行していきます。

第二皇子がパーティーの開始を宣言しようとした瞬間、

バン!

と大きな音を立てて入り口から誰かが侵入してきました。
ざわつく会場のどこからか

「皇太子殿下だ!」

と声が上がります。

皇妃と第二皇子の金髪なんか目じゃないくらいの
まるで黄金を切り取ったような
眩しい金色の髪の持ち主──…


『悪役のエンディングは死のみ 第13話』の感想

デリックがちょっとデレた!
予想外にデリックの好感度がサクサク上がりますね。

しかもエスコートを無視されて手を見つめてるデリックかわいい〜

ほんの少し優しさを見せたと思ったデリックでしたが、
パーティーの会場についてからは全然無視していて
出番もなし。

まだ好感度6%では気遣いゼロかぁ〜

そしていよいよすぐ殺されちゃう皇太子カリストロの登場です!
どんなキャラなんだろう!?
楽しみ〜。

「黄金を切り取ったような眩しい金色の髪」っていう描写を見る限り
かなりのイケメンに違いない。

そして性格破綻してそうなので楽しみでたまりません。
転生ものは、性格破綻した登場人物と常識的な主人公の掛け合いとかが楽しいですよね!
次回に期待です。


次のエピソードはこちら。



ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

akuyaku

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「悪役のエンディングは死のみ」のあらすじと感想です。
プロローグを含む3話分を無料で読むことができます。

前回のあらすじはこちら



レナルドに家を出ることを匂わせたペネロペ。
するとレナルドは不快感をあらわにしますが、なぜか好感度が6%もアップしたのでした───

『悪役のエンディングは死のみ 第12話』のあらすじ・ネタバレ

「皇宮からの招待状?」

オドオドとしたエミリーによって第二皇子の誕生日パーティーの招待状が届けられました。
明日開催なので急いで準備をするようにとデリックからの指示なのだそうです。

攻略キャラと関わりたくないからできれば部屋にこもっていたいんだけど…
と考えるペネロペはハッと重大なことに気付きます。

第二皇子の誕生日パーティーは第二皇子が初登場するイベント…
皇太子に会うってもはや確定でしょう!


皇太子に殺されるゲームのシーンが頭をよぎって…

「ダメー!」

ペネロペは思わず絶叫します。
エミリーに確認するとエスコートするのはデリックだとのこと。

「終わった…」

真っ青な顔でエミリーを下がらせ、ペネロペは頭を抱えます。

「はぁ…どうしよう」

仮病を使えばデリックの好感度が下がりそうなのでその手は使えません。

2人きりになっては殺され、口を開けば殺され…
皇太子とのイベントはすぐに死ぬから何も覚えていないのです。

「行っても行かなくても死ぬってどういうイベントだよ」

文句を言いながら体調不良で休もうと決めたペネロペ。

そこでいい考えが思い浮かびました。

いっそ死ぬ…?

ここで死んだら元の世界に戻れるかもしれない!
リセットボタンもあるから死ぬ直前に表示されてスタート地点に戻れるはず!

よし、試してみるか

皇太子に会って死んでみよう!


翌日

ペネロペは朝から気合の入ったメイドたちに身体中磨き上げられていました。

メイドたちの切り替えの速さにげんなりしてしまいます。
でも鏡に写った自分の姿を見て、この容姿なら着飾りたくもなるか〜と納得。

ドレスは暗い色で露出の少ないものを、アクセサリーは最小限にとメイドに指示します。

選んだのはペネロペの持ち物の中では最も地味な深いグリーンのドレス。
まだ少し派手な気もするけれど、まあいいか。

ペネロペはエミリー以外を下がらせました。

エミリーに見せつけるようにつけた刺し傷を隠すための手袋を持ってくるように指示します。
それはエミリーがつけ上がらないようにと釘を刺すためでした。


「謹慎期間中少しは人間らしくなったようだ」

馬車の前で待っていたデリックは皮肉を言います。
しかし、好感度は5%になっています。

会っていないから上がったのかな?
どれだけペネロペが嫌いなのよ!


ペネロペは少しムカッとしながら馬車に乗り込みます。
デリックは馬車の外で自分の手を見つめてぼんやりとしています。

何してるんだろう?

そう思ったのも束の間、ギロリとペネロペを睨んだかと思うとペネロペの馬車に乗り込んできました!

まさか皇宮まで一緒に乗っていく気!?

『悪役のエンディングは死のみ 第12話』の感想

いや、どんな乙女ゲームだよ。

すぐに殺される皇太子がいるゲームちょっとやってみたいですよね。

かつてプレイした右に行っても左に行っても殺されるゲーム(一番最初の選択肢がキーだった)を思い出してしまいました。笑

それにしても気が短い人が多そうなゲームですね。

会わない間に好感度がアップしていたデリックも謎です。

別の馬車が用意されていたようなのにペネロペの馬車に乗り込んだデリック。

この人はレナルドと違い口数も少ないし何を考えているのかよくわかりません。

でもこうして絡んでくるということはペネロペに興味はあるんでしょうか・・・?

乙女ゲーム的には「少しは人間らしくなったようだな」のセリフは、皮肉じゃなくてツンデレのツンの可能性もありますしね。

ツンデレ兄さん化するのが楽しみです!


次のエピソードはこちら。



ここまで読んでくださってありがとうございます。次回もお楽しみに!

↑このページのトップヘ